返済方式の違いについて

リボルビング払いに、残高スライド……、どんな返済方式で、どんな違いがあるかわかりますか? ここで基本を抑えておきましょう。

リボルビング払いって何? 返済方式の違いを知っておこう

返済方法には色々な種類があります。利息のつき方などが異なるので、同じ額、同じ金利で借りても、返済方法によって総返済額に違いが出てきます。

元金均等返済 元金均等返済とは、元金部分は毎月一定で、元金残高による利率が上乗せされる返済方法です。元金残高は最初多く、どんどん減っていくので、利息部分は返済が進むにしたがって、小さくなっていくことになります。借り入れ当初の負担が多く、総返済額は少なくなる返済方法といえるでしょう。
元利均等返済 元金部分、利息部分を足した返済額が毎月一定になるように設定された、返済計画の立てやすい返済方法です。ただし、元金部分の減りが最初は遅く、総返済額が高くなるという特徴もあります。元利均等返済は、住宅ローンなどによく用いられます。
リボルビング方式 リボルビング払いとは、あらかじめ設定された支払額を毎月返済する返済方法。いくら借り入れても毎月の返済額が変わらないのは安心感がある一方、借りすぎを招く危険性もあるので注意しましょう。
残高スライド方式 借り入れ残高に応じて、毎月の返済額が変動する返済方式です。たとえば50万円の残高があるときは、毎月の返済額が5万円、30万円の残高になったら、毎月の返済額が3万円というようにスライドしていきます。

返済方式が組み合わさるとどうなる?

実際のキャッシングでは、以上のような返済方式が組み合わさって「残高スライド元利定額支払い」「残高スライドリボルビング方式」などの返済方式がとられます。
難しく聞こえてしまいますが、スライドと付けば、残高ごとに返済額が変動することを指し、リボルビングは一定額を払い続けることを指します。残高スライドリボルビング方式であれば、残高が10万円〜20万円ときと、10万円以下のときで、異なる返済額でのリボルビング払いになるということです。
また、一定額に含まれるのが元金のみで、金利を上乗せするものを「元金〜」、元金と金利が一定額に含まれるものが「元利〜」であると覚えておくと良いでしょう。

ソーシャルブックマークへ投稿する

  • はてなブックマークに追加
  • MyYahoo!に追加
  • Googleブックマークに追加
  • Buzzurlに追加
  • イザ!ブックマーク
  • niftyクリップに追加
  • Choixに追加
  • del.icio.usブックマークに追加
  • livedoorClipに追加

RSSを登録する

  • はてなRSSに追加
  • livedoor Readerに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • goo RSSリーダーに追加